個人事業主がデメリットに感じることは

個人事業主エンジニアのデメリットは、他人に頼れない点にあります。営業活動から会計についてもすべて自分一人で行わなければなりません。エンジニアとしての仕事の時間を削ってまで、こうした面倒な作業を行わなければならないのは大変です。時間の使い方が上手くなければ、どんどんエンジニアとしての仕事をする時間がなくなっていきます。会社に勤めているのであれば、先輩から仕事を教えてもらえることもあるでしょう。会社側が研修制度を整備しておいてくれて、そこで新しい技術が学べることもあります。

ですが、個人事業主になってしまうとそうした便利なものは一切使えなくなります。新しい技術を習得するときにも、すべて自分でコストを負担して勉強をする場所を見つけ出してこなければなりません。自己投資にもお金がかかるので、その点が少しデメリットでしょう。自分で自分の面倒を見れない人は、個人事業主としてフリーでやっていくのは難しいです。自己プロデュース力がないと思うなら、大人しく会社員のままでいるのが賢明でしょう。

ただ、こうした問題点はデメリットにもなりますが、人によってはメリットだと考える場合もあります。自分ですべてのことができるのですから、すべてを自分の思い通りにコントロールしていくことができるわけです。営業活動を自分でするということは、自分のしたい仕事を取ってくることができるという意味でもあります。会計も自分でやれば税金その他の勉強になるので、メリットだと考えれば辛さは軽減されるかもしれません。デメリットではなく、自分が選択した独立するという状況において自己研磨できる環境を作り出したと考えるといいでしょう。自分自身に自己啓発を促し、成長し続けることでクライアントから個人事業主としての信頼も勝ち取っていくことが叶います。
磨くべきは技術力だけではないという、IT系の個人事業主にとって気になる内容が記載されているサイトはこちらです<<個人事業主のための自己投資術>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です